タバコは生活習慣病を引き起こす


禁煙効果

禁煙方法は男性には体力回復、女性には美肌つくりに効果的です

HOME > たばこと生活習慣病

たばこと生活習慣病

タバコにはフィルターを通しての煙を主流煙というがその有害物質が 咽頭、喉頭、気管、気管支、肺を痛めてしまいます。 喫煙は様々な病気を引き起こします。 肺ガン、喉頭ガン、胃ガン、食道ガン、気管支炎、喘息、肺気腫、 動脈硬化、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、流産など本当に様々です 血圧 またタバコは 肺がんなど呼吸器だけでなくて、高血圧や動脈硬化という循環器へも ダメージを与えてしまいます。タバコを吸うと血液中に一酸化炭素が入り 血管を刺激して動脈硬化を進行させてしまいます。そしてニコチンの 作用で血管が収縮されると高血圧を起こします。それがだんだん長引くと 狭心症や心筋梗塞という心疾患または脳卒中というおそろしい生活習慣病に 発展してしまうのです。 タバコはすぐにでも止めるべきですね。

またタバコを吸う人と吸わない人とでは明らかな違いが見られます。 その差が歴然と現れるのが咽頭がんで非喫煙者の32.5倍にもなるのです。 ついで肺がんが4.5倍、口腔がんは3倍、食道がんは2.2倍という風で 歯周病や老化の促進にもつながっていきます。 たばこを吸い続けるということは煙の中の有害な物質で常時肺が 荒れた状態になるのでだんだん気管支が細くなり、肺胞が破壊 されて呼吸が出来なくなりせきやたんが増えて苦しくなるのです。 「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」 と呼ばれ、別名 「たばこ病」 と言います。 エコー検査 さらにタバコを吸い続けると気道を刺激するので、喘息になりやすくなります。 もともと喘息の人は、たばこの煙の粒子が過敏になった気管支を刺激する から喘息の発作が起きやすく、小児喘息の場合は確実に重症化して しまいます。肺炎、特発性肺線維症、自然気胸、睡眠時呼吸障害など さまざまな危険が潜んでいるのです。