禁煙外来で確実に禁煙効果が手に入ります


禁煙効果

禁煙効果はやはり専門のお医者さんでどうぞ

HOME > 禁煙外来について



禁煙外来について

お医者さんのサポートで禁煙をはじめましょう。
「禁煙しよう」と決めたら、禁煙指導を受けられる病院(禁煙外来)を受診することをお勧めします。タバコに対する「心理的依存(習慣)」、 イライラなどの離脱症状(禁断症状)を起こす「ニコチン依存」は、医師やお薬の力を借りなければ、なかなか克服できるものではありません。 病院(禁煙外来)では、医師が身体・精神的にサポートし、禁煙できるように導いてくれます。また医師からの アドバイスや治療薬を処方してもらえるので確実に禁煙できるのです。いま禁煙したいという方が激増中のようです。 チャンピックス錠が需要が高まりつつあるので生産が追いつかないくらいです。 気になる費用は2万円以内だそうです。

チャンピックスの効果について

チャンピックスを飲むとどうなるかというと 手招き
  1. チャンピックス錠剤を飲む
  2. でもタバコは吸いたい
  3. とうとうタバコに火をつける
  4. チャンピックスの効き目でタバコがまずい
  5. 気持ち悪くて吐きそうになる
  6. 吸いたくても吸えなくなる
このように完全に禁煙できるのです。
なぜ病院に行ってまで禁煙するのかというとタバコを吸う人というのは約7割がニコチン依存症という一種の病気だからなんです。 では禁煙外来で病院での治療の方法はというと2種類の方法があり、貼付薬の「ニコチンパッチ」を使う方法と内服薬のバレニクリン (商品名:チャンピックス)を使う方法があるようです。ニコチンパッチは約12000円、バレニクリンを使う方法では 約20000円かかります。(保険を使って3割負担の場合です。) また保険が適応されるための条件は下記の通りですのでお確かめください。

禁煙外来で保険適応される条件
  1. タバコの吸う本数がどれくらいの割合なんですが一日に吸う本数に喫煙年数を掛けた数が200を超えるときに は保険適応になります。
  2. 今すぐにも禁煙したいと思っていて実行できる人
  3. スクリーニングテストというタバコ依存度を測る検査を受けてその結果がニコチン依存症という 診断結果が出た場合
  4. 禁煙治療を受けることについて書面にて間違いなく同意していること。