安眠や熟睡ができる禁煙効果


禁煙方法

禁煙方法は男性には体力回復、女性には美肌つくりに効果的です

HOME > 禁煙で安眠効果



禁煙するとぐっすり安眠できる

禁煙により眠くなってしまう訳なんですが、 ニコチンには覚醒作用があり、今までその覚醒作用に慣れていた身体が、 タバコをやめて覚醒作用がなくなったことにより眠気をもたらすということなのです。
眠い いままで寝る前の一服で身体が休まるというのはニコチン切れが解消されただけですから 本当のリラックスできたとは言えません。 喫煙中は「寝付きが悪いし、朝は目が覚めやすい」というのはニコチンの覚醒作用の為だったのですが、 タバコをやめてしまえば寝つきの悪さも大幅に減少して、今までにない安らかな眠りが期待できます。 私も今では朝までぐっすり眠れるようになりました

タバコの覚醒効果で眠れない

タバコと不眠には強い関連性があります。
  • 「しっかり夜寝ても翌朝疲れがとれない」
  • 「寝起きが悪い」
  • 「夜中に目覚めてしまう」
喫煙者にはこのような症状を 訴える人が少なくありません。 「十分な睡眠時間を取っているから私は大丈夫!」 そうお思いの方もいるかと思います。 しかしいくら睡眠時間を長く取っていても疲れが取れると は限りません。問題は睡眠の質なのです。 喫煙者の不眠症は4〜5倍! 近年の研究では、不眠を訴える人の割合が、タバコを吸う人で 非喫煙者の4〜5倍にも上ることがわかっています。 タバコを吸う人は脳のための深い眠り (ノンレム睡眠) が少なく、浅い眠り(レム睡眠)のままでいる時間が長いのです。 そのためどんなに長く眠っていても、タバコを吸っている人は 睡眠障害に陥りやすいのです。

<喫煙者が不眠症になるわけ>
夜寝付けないとき、タバコを吸ったらリラックスできた。 喫煙者なら誰しもがそんな経験をお持ちだと思います。 確かに少量であればニコチンには鎮静作用やリラクゼーション効果 があります。 タバコを吸えばニコチン切れの イライラした状態も一時的になくなります。 夜寝る前にタバコを一服すれば、リラックスしてよく眠れると勘違いして いる方も多いのです。眠る女
  • ニコチンが深い眠りを妨げる。
  • 本当によく眠りたいのであれば、 タバコは完全に逆効果です。 タバコを吸えば血管の収縮がおき、血圧が上昇、鼓動が早くなり、 身体は飛び 起きます。 血圧と心拍数が上昇するということは、身体が激しい運動をした状態と 同じに なっていることを意味します。 寝る前に一服すれば、脳をリラックスさせるどころか、 無理やりたたき起こす ことになるのです。
  • ニコチンは即効性で長く効く!
  • ニコチンはアドレナリンの分泌を促します。数秒で脳を覚醒させ、むやみに 興奮させます。 タバコを吸うと寝付きが悪くなるのはこのためです。 カフェインの覚醒効果が比較的ゆっくりと 現れるのに比べ、ニコチンの覚醒効果 は即効性です。 しかも身体が通常の状態に戻るまで、 タバコの覚醒効果は1時間は持続します。 ニコチンはカフェインよりも早く強力な覚醒作用を 持っています。
  • 取れにくい喫煙者の疲れ
  • ニコチンだけがタバコがもたらす睡眠の害では ありません。 タバコを吸うことによって喫煙者は一酸化炭素を大量に摂取します。 一酸化炭素は酸素を奪い、ビタミンCを浪費させ、新陳代謝を阻害します。 酸素・栄養不足から体力が回復せず、疲れがとれないのです。
  • ヘビースモーカーが陥る悪循環
  • さらにヘビースモーカーの場合だと、ニコチンの覚醒作用によって寝付きが 悪くなるだけでなく 、ニコチン切れによって夜中でも目が醒めてしまうこと があります。 この際、眠るためにタバコを 吸えば、元の木阿弥です。 ヘビースモーカーはタバコを吸うことで、また自ら安眠を妨害する悪循環 に 陥っています。